Home » 講師のプロフィール

講師のプロフィールスタジオ ピッコロ

※下記一覧の楽器以外にも、各種 管・弦楽器・声楽のレッスンも行います。
開講曜日、時間等 詳しくはスタジオピッコロまでお気軽にお問い合せ下さい。

♪講師のプロフィール 一覧♪Teacher

ピアノ・大学・高校受験ソルフェージュPiano

大村 夢


滋賀県生まれ。3歳よりピアノを始める。京都市立京都堀川音楽高校卒業。同校のピアノコンサート、卒業演奏会に出演。第8回宝塚ベガ学生ピアノコンクール第1位、それに伴い京都市教育委員会より表彰状与。

10回ショパン国際ピアノコンクールinAsia高校生部門アジア大会入選。28回滋賀県ピアノコンクール最高位。2011年第13回日本演奏家コンクール全国大会入選。2014年第13回滋賀県新人演奏会にて、ピアノ部門優秀賞受賞。京都シティフィルハーモニー交響楽団とラフマニノフピアノ協奏曲第2番を共演。2015年滋賀県新人演奏会受賞者メモリアルリサイタルに出演。これまでに、京都コンサートホール田隅靖子館長のおんがくア・ラ・カルトをはじめ、数多くのコンサートへ出演。ソロのみでなく、伴奏、アンサンブル等の活動にも積極的に取り組み、アジア国際コンサートにて優秀伴奏賞受賞。これまでにピアノを松井和代、坂井千春、イリーナ・メジューエワ、田村響、G.Smartの各氏に、室内楽、伴奏法をNick CurryErin Bennettの各氏に、チェンバロを春山操、中野振一郎の各氏に師事。

京都市立芸術大学音楽学部を卒業、同大学大学院修士課程を修了。2016年より奨学金を得て渡米し、北フロリダ大学(UNF School of music) Peformers certificate program を修了、リサイタルを行う。同大学でアンサンブルピアニストを務め、数多くの演奏会へ出演。Jacksonville合唱祭にCollabolative artistとして参加しグラミー賞受賞作曲家エリックウィテカーと共演、最優秀アーティスト賞を受賞。Piano Play Off Competition 2016入賞、学内コンペティションに合格し、ソリストとしてUNF Orchestra とピアノ協奏曲を協演。帰国後は関西を中心に演奏活動、指導を行う。現在洛南高等学校附属小学校講師。

 

バイオリンViolin

大薮 英子

大薮’04 子どものためのヴァイオリンコンクール金賞及び奨励賞。日本クラシック音楽コンクール全国大会最高位(2位)。

’05 大阪国際音楽コンクール中学校の部第2位。
’06,’11 関西芸術文化アカデミー「期待される若き演奏家の集い」出演。
’06,’09,’11 京都芸術祭「世界に翔く若き音楽家たち」出演。第23回京都芸術祭奨励賞、第26回京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。
’10 全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部第3位。「ラ・フォル・ジュルネびわ湖 プレイベント」ロビーコンサートに出演。
’11大阪国際音楽コンクールコンチェルトオーディション第3位。
’10、’13関西電力主催「かんでんクラシックスペシャル ふれあいコンサート」出演。
’13「びわ湖ホール開館15周年記念公演」ロビーコンサートに出演。
これまでに浅岡幸男、田渕洋子、岸邉百百雄、戸田弥生、豊嶋泰嗣の各氏に師事。京都市立京都堀川音楽高等学校卒業。京都市立芸術大学卒業。

チェロCello

曽田 健

チェロ

 

京都市立芸術大学在学中の2002年より日本テレマン協会の演奏活動に参加。
翌年、ライプツィヒをはじめとするドイツへの演奏旅行にも参加しソリストも務める。
また2006年の日本テレマン協会第170回定期演奏会ではF.J.ハイドン作曲「協奏交響曲 変ロ長調Hob.Ⅰ-105」においてソリストを務め好評を博す
現在テレマン室内管弦楽団およびコレギウム・ムジクム・テレマン首席チェロ奏者。また度々大阪シンフォニカー交響楽団の客演首席奏者を務めるなど幅広く活動している。
これまでにチェロを森純子、上村昇、バロックチェロを上塚憲一、室内楽を河野文昭、久合田緑、岸辺百百雄、サイモン・スタンデイジの各氏に師事

クラリネットClarinet

黒田 志織

滋賀県立石山高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。2005年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。

2006年京都芸術祭「ジョイントリサイタル」に出演。

クラリネットを山川すみ男、高橋知己の両氏に師事。

 

フルートFlute

竹林 春奈竹林

京都市生まれ。
ケルンテン州立音楽院を経て、チロル州立音楽院で研鑚を積む。 これまでに、フルートを父・竹林秀憲、伊藤公一、エルヴィーラ・ミムラ、レザ・ナジファール、ピッコロをウルリッヒ・ビアザックの各氏に師事。 ミヒャエル・マ ルティン・コフラー、クチャール・シャールディのマスタークラスに参加。 第9回イタリア・シュテルツィング国際フルートコンクール第3位。 2001~2004年、チロル州立劇場にてソロ・フルーティ ストとして数々のプロダクション公演、及び小劇場にてチロル州立音楽院によるプロダクション公演に参加。 2002~03年、文化・社会財団国際ユースオーケストラアカデミー、 及 びユーロピアン・フィルハーモニック・オーケストラメンバー。 2004年、ポンメルスフェルデン・コレギウム・ムジクム国際夏期音楽アカデミーオーケストラメンバー。 現在、オーケストラ、室内楽アンサン ブルを中心に活動中。栗東さきらジュニアオーケストラアカデミー管打楽器分奏講師。

サックスSaxophone

亀井 友恵                   亀井友恵2

滋賀県出身。13歳よりサックスを始める。2012年3月大阪音楽大学器楽学科卒業。在学中にファブリス・モレッティ氏の特別講義受講。第29回ミレニアム・スチューデントコンサートに出演。第16回万里の長城杯国際音楽コンクール入賞。ラ・フォル・ジュルネびわ湖2015に出演。現在はミ・ベモルサクソフォンアンサンブルのメンバーとして活動しており、2013年7月には香港サクソフォンサミットに出演。ケネス・チェ氏との共演を果たし現地から熱狂的に受け入れられた。また、2015年7月フランス・ストラスブールで開催された世界サクソフォン会議に参加し好評を博す。カトレア・サクソフォンカルテットのバリトン奏者としても活動。クラシックに限らず様々なジャンルの演奏を行い、関西を中心に積極的に活動している。滋賀県内のロマン楽器、ハーモニーミュージックスタジオ、スタジオピッコロの講師として後進の指導にあたる。サクソフォンを陣内亜紀子氏、前田昌宏氏、室内楽を西本淳氏に師事。

 

トランペットTrumpet

森下智稔

 

京都市立芸術大学音楽学部を経て、フリーランストランペット奏者として活動。関西圏の殆どのオーケストラに 客演(客演首席を含む)として出演する他、吹奏楽、ソロなど、クラシック以外のジャンルも含め多様な演奏活動を行っている。トランペットを有馬純昭氏、室内楽及びオーケストラを呉信一氏、合田史郎氏に師事。京都トランペットグループ「サマーブリーズ」メンバー。関西トランペット協会理事。

マリンバMarimba

髙木 真稚恵髙木真稚恵

滋賀県立石山高等学校音楽科卒業。京都市立芸術大学音楽学部打楽器専攻卒業。同大学卒業演奏会に出演。同大学院音楽研究科修了。第6回KOBE国際学生音楽コンクールにて、優秀賞、並びにタカハシパール賞受賞。平成16年度平和堂財団芸術奨励賞受賞。打楽器奏者としてソロ、オーケストラ、室内楽、アンサンブルなどで活動中。パーカッションアンサンブルグループ゛P.A.N.KLANG゛のメンバー。
奈良県立高円高等学校音楽科非常勤講師。北川皎、通崎睦美、山本毅、種谷睦子の各氏に師事

ボーカルVocal

浦 千鶴子浦千鶴子

石川県飯田高等学校卒業
1997年ジャズヴォーカルをサンディ・ブレアに師事し、藤ジャズスクールの講師を経て、フリーランスの講師となる。
映画音楽、ミュージカル曲、Jポップ、幅広いジャンルの曲を教えている。学生劇団の指導を始め、2000年より長岡社会福祉施設「ふたば苑」の音楽療法助手を務める。
2000年、SIXNORTHの(Vo)としてフランスのMUSEAよりCDデビュー。
デイヴ・シンクレア、ニコラス・ウインター、トニ・ポルテン、奥本亮、村上ユミコ(故)等と共演
スタジオミュージシャンとしても数多くのCDに参加し、2012年4月待望のソロCDを発売!
現在もホテルやライブハウス等で活躍中のジャズシンガーである。

Copyright(c) 2013 スタジオ ピッコロ All Rights Reserved.